アイワナビーユアドッグ

この世界でたったひとつ抱きしめた愛をそうさ信じて

なにかありましたらお気軽にどうぞ☆



*

  • ちゃんずー

べつに研究員ってほどではないけど、スパンクスが好きなのもあってBiSのことはかなり初期のころから知ってたし、曲も好きで現場も多少行ってはいたから、かなり複雑な心境で迎えた回だった。。なぜならあたしはじゅんのすけがほんとうに本気で大嫌いだから、、!! まあでも思ってたよりは全然不快にならずにみることができてよかったかな。思い出さなくてもいいようなことはいっぱい思い出してしまったけど>_< 限定ライヴうんぬんも、現実的に考えたら悲劇しか生まないけど、もっとひどい発言飛び出すことも覚悟してたから思いのほかふつうの内容で安心したし。。デリバリーが70万円、て聞いたあとの郁人のなんとも言えない表情で俯くさまが、あぁなんだかんだ言ってもこのひとはやっぱりジャニーズ育ちだ、と思ってそれも少しほっとした。
しかし、じゅんのすけを鋭い目でにこりともせず品定めするように睨みつける橋本さんがほんとうにかっこよすぎて、よりによってこんな回でヴィジュアル最高潮なのどうにかしてほしい。丸めがねほんとに反則!!! 橋本さんって愛想笑いいっさいしないからかっこいいんだなって気づいた。。

  • 図書館いった

中上健次『讃歌』
トマス・ピンチョン『競売ナンバー49の叫び』
こんどこそちゃんとピンチョン読もうと思った! とつかくんピンチョンとか好きそうだけど(というあたしの勝手な願望)アメリカ文学とか読まないよな。讃歌はもうはじめて読んだときには勝手にぴーさまのイメージを抱いてたけど、この夏が訪れてから絶対絶対この主人公にはいまの橋本さんのヴィジュアルがぴったりだ!と思って、そういう気持ちで読み直そうと思って借りてきた。


今年はもう無理そうだけど、来年くらいにはたきつコンやってほしいなそしたらいきたいな、と思ってたからちょっと衝撃。。というか、個人活動主体なのはべつにいまだってそうだし、わざわざ活動休止って宣言する必要あるの? というもやもや……。好意的に考えたら、ちゃんと言わなかったらおたくはいつまでも待ってるだろうからっていう優しさなのかもしれないけど。病気で片方お休みなのに相方の立ち位置歌割りぜんぶあけてまるで2人でいるかのようにコンサートやったり、自分のソロコンですら相方の名前を映像に出しておたくに叫ばせたりする笑、そんなひとたちだからなんとなく納得しがたい。。ただひとつはっきり言えるのは、なにもかもいままでの感覚では考えていてはいられないんだろうなぁということだけ。。