アイワナビーユアドッグ

この世界でたったひとつ抱きしめた愛をそうさ信じて

なにかありましたらお気軽にどうぞ☆



*

ぽてとのスタジオ収録レポみてノロシとインザネームいつ放送するんだろうと思ってたらさっそくノロシきた! わたなべくんの帽子なしのシックスガイズ衣装も新鮮♡ でもあたしはわたなべくんがなにかを喋ってるだけでくすくす笑ってしまうのです、ごめんなさい。集合写真のミッションさくまもちょうかっこいい! ワールドの帝王衣装がボトム込みで降りてたけど、これって組み合わせいったいどういうふうに決めたんだろう、、なぞすぎる。それはそれとしても、わたなべくんの髪型がいつもと雰囲気違う! とおもってたら北斗がセットしたらしくて、だから方向性が似てるのね。これはかっこいい! でも北斗に「ちょっとはいい男になったじゃん」って評価されるわたなべくん笑える。
待望のジャポニカスタイルも高まったけど、やっぱり布が降りてくるヴァージョンが映像に残らないのは惜しい……。しかたないけど。しかしあらためて文字にして歌詞を眺めると相当おかしい、We are so Japonicaって歌ってるのめっちゃアメリカ人だし!!!!笑
少年たち行ったばかりだからだろうけど、なんだかんだすのすとの組み合わせは好きだなぁとおりにふれて感じる。重ねるのはよくないんだけどえびきすに近いちょうどよい関係性。はいびー(この呼び方ほんとやだ! ゆにぼのままでよかったのに!)は融合しすぎだしらぶとらは利害関係がありすぎて怖いし、キンプリはもともと一体化してたのを考えるとまた話が違ってくるし、これくらいがつかず離れず穏やかでいいなって思う。最初のころはすのが圧倒的先輩感をかもし出してたけど、というかむしろすとが後輩オーラを出してたのか? でもいまはいい感じに認め合いライバルとして仲間として対等にひとつのものをつくりあげる空気が出ていて、落ち着く。少年たちも今年はバチバチ争い合う感触はなくて(あ、役のなかではもちろんべつ、、でも去年はもっとおたがい敵視してる気持ちが強かった気がする)、かわりにふしぎな連帯感があった気がする。それがよくないって思うひともいるのかもしれないけど、、
あととつくん前髪長すぎて目隠ししてるみたいにみえる瞬間があってどきっとしまくった。。ふみとつがひたすら麺喰ってる映像はまたこんなんで時間使うなって叩かれそうだなって思ってしまったけど、嬉しかったです。Qでは呼ばれなかったのになぜかみずきも呼んでもらえたし。何度も書いてるけど、郁人は絶対とつくんのことだけは否定しないというかできないから安心してみられる。。