アイワナビーユアドッグ

きみがきらいなきみがすき♡

なにかありましたらお気軽にどうぞ☆



*

車谷長吉「忌中」

このひと名前だけ知っていて作品を読んだことがなかったのだけど、愛読しているブログを読み返していたら名前が出てきていてそういえば読んだことなかったなあ、と思って手にとってみた。これはなんというか、、つい読んでしまうというか、むしろ読まされてしまうというか。。無頼派、というのともたぶんまた違うんだよね。太宰みたいなのとは全然違う、本物の貧窮を知るからこその独特の淡々さというのか……。救いようのない話なんだけどそこに過剰なエモーションがないんだよね。それが快いと思った。話自体はまったく快くはないですが笑 ただ淡々とカタストロフへ突き進んでいくのに抗えないというか。
しかし、中上健次とかもそうだけど、なまなましい生活のにおいがする物語なのに、なぜかそこに知性というか文化的な素養が共存してる気がするのがふしぎだ。作家になるくらいだからそれはそうなのか。あと、インターネットがなかったら(≒こうやっていつでも自分のなぐりがきを垂れ流せる環境がなかったら)あたしはひょっとして作家になっていたかもしれないとふと考えました。ほかの作品も読んでみようかなあ。。