アイワナビーユアドッグ

宇宙に行って自撮りがしたい

なにかありましたらお気軽にどうぞ☆



*

みんなみたいに履歴を書き連ねられるほどたくさん公演入ることもできないし、注意力散漫だからみんながみていることも全然みえていない、飽きっぽくてひとつのところに留まれない、なにも、なにもわかっちゃいない、
ほかのおたくのひとたちの文章を読んでいると、みんなりっぱでたくさんのことを知っていてたくさんのことを経験してきていて、どっと疲れてしまう。逆立ちしてもこんなふうになれないあたしには一生だれかを好きと言う権利などないのだと、
そんなあたしでも、涼くんをとおしてなら、いつか、細く長くまっすぐで一途な人間になれるかもしれないとそう思ったのだ。胸を張って好きって言っても許される日がいつか来るかもしれないって。