アイワナビーユアドッグ

この世界でたったひとつ抱きしめた愛をそうさ信じて

なにかありましたらお気軽にどうぞ☆



*

ABC座 ジャニーズ伝説2018

なんかぼんやり今年もジャニーズ伝説かーとか思っていたけど、去年より上演時間が長くなっていて、なおかつ2幕がぜんぶショータイムになっていた! 芝居のところも、細かいんだけどいままで微妙に違和感があったというかん?みたいになってたとこのセリフが変わってたりして、ひっかかる部分がなくなってたから全体的によりみやすくなってた気がする。突然の忍者にはびっくりしたけど、川﨑さんがめっちゃセリフ多くて、リーダー的立ち位置というかみんなをひっぱってる感じが強くて高まった! バトンも目立っていたし! あと元木さんが舞台の下にバトン落としてしまったのだけど、いっさい笑顔をくずさずまるでそれが決められた動きであるかのようにさっと階段を降りて拾ってまた戻っていって、プロだなーとしびれた。いやあたりまえのことだけど場慣れを感じた……。
2幕がほんとたのしすぎて、修二と彰とかケンタッキーまであってびっくりした。でもぶさいくはないんだなーと思ったいやなくてもいいんだけど笑 えびばでとかセクゾンとかを踊るとつくんがみられておお〜!ってなったし、はしつかの逆ラバとか貴重すぎたしふみとつふたりの夢物語とか!! 五関さんが「おふたりの名前は永遠となりました」みたいなこと言うのもなんか、、胸がつまる気がした。
それに5人とも1曲まるまるソロあるとかまったく知らなかったからめっちゃ高まった! しかも順番もはしご→塚ちゃん→ふみとつだったから、なにくるんだろうな〜郁人はキスマイでとつくんは少年隊かな?とか考えてたら郁人はまさかのTonightだしとつくんはFlyっていう選曲のすばらしさ!!!! デビューするとほかのグループの曲をやることなんてなくなるし、そもそもとつくんはずっとソロでは自分の曲を歌ってきてるからよけいに新鮮だった。Tonightはおたがいサマーの衣装で、原曲とも違う振りでJr.を従えてがつがつ踊ってる郁人がかっこよかった! ラップ期待してたのにトラジャだったからそこだけちょっと残念だったけど笑 それだけで圧倒されてたけどまさかのそこからのFlyで、その世界観に息をするのも忘れそうなくらいみいってしまった。あいかわらずちょっとだけリズムがもたれる歌声もとつくんらしくてすてきだったし。これってとつくんが長い経験を重ねてきたから表現できるものなんだろうと思ったし、きのうエロPのオープニングをみているときにも同じことがよぎってしまったのだけど、たとえば涼くんがいまのとつくんと同じ31歳になったときにこういう表現ができるようになるのかなあ……とか少し考えてしまった。
しかし、まさかのシンデレラガールがクリエの振り付けで、しかもとつかくんセンターで! それでもうすべてが吹っ飛んでしまった。。。ジャニカルって去年のえび座のメドレーをやっていて、それをみたときにあぁこうやってとつかくんの記憶が塗り替えられていくんだねと感じたのだけど、まさかそれがまたひっくり返されるとはみたいな。。笑 こういうシンプルで簡単そうな振りこそ実力が出るなぁと思い知りました。とつくんみていると涙が出そうになる瞬間がある、なぜだかわからないけども。シンデレラガールもそういうこみあげるものがあった。。涼くんととつかくんは年もひとまわり以上違うし、事務所歴も10年違うけど、まったく同じ曲を歌って踊ることがあるのはジャニーズという事務所だからこそなんだよなぁふしぎだなあとかしみじみ考えてしまった。
えびメドレーも生歌でよかったー! Vanillaの気迫がすごくて、演出もスタイリッシュでこれが本物のVanillaかーとあらためて実感。そしてとつくんの動きはシルエットでもわかる。とつかくんのまなざしは、いつでも美しくちからづよく、やっぱり愛にあふれていてとても好きだなあと思いました。顔の造形だけなら美しいひとはもちろんたくさんいるけど、とつかくんを美たらしめているのは見た目だけではないのだなと思った、もちろん見た目もとても美しいのだけど! とにかくとってもとってもたのしかった! これも映像にしてほしいけどさすがに無理かもなーーーあともう1回くらい行けたらいいのだが、、。