アイワナビーユアドッグ

この世界でたったひとつ抱きしめた愛をそうさ信じて

なにかありましたらお気軽にどうぞ☆



*

  • duet

か、、、、、かっこいい!!!!!!!!!!!、 はあああああああっっっっっ、、、、、、、。。。。ぱたり。
なにせ黒髪で歌舞伎町のチンピラみたいなシャツ着てるんだからそんなのときめかないわけなかった。でもでもその想定をはるかに超える破壊力なの。。。。はああー。いがりさんとツーショットなのもちょーうかっこいいすてき!
ちゃんとかき氷の話してる! りんねさんにサングラス買ってあげた話もかっこいい! 涼はめがねもサングラスもいっぱい持ってるだろうからいつかアイウェアコレクションみせてほしいな♡

  • p

「ハイハイジェットのさわやか担当」(だれに強いられたわけでもなく自分で言ったんですよこれ!!!)である涼にぴったりのテーマだよー! しかも自分でキュート系って言っちゃうとこがほんとかわいい♡
それに、ひとの提案に基本的にノーとは言わないってところも好きなとこのひとつだから、こうやって本人も言っててあらためてすてきだなと思ったよ。相手が楽しそうなのを感じたときに自分も楽しくなっちゃうっていうのはコンサート中とかでも感じることがあるもの。。そういうとこが無意識にみんなの需要に応えようとするとこや、まわりのひとを喜ばせようとすることにもつながってるんだろうけど。もともとそういう気質なんだろうなぁとおもう。
涼はたしかにすごく気まぐれというか、自分の興味あることになると突然べらべら喋り出したりかと思うと興味ないとまったく入ってこないみたいなとこある! 仕事にはつねにムラなく集中するべきだけど、それ以外はそういう気分屋なとこも個性だとおもうからそれはそれでそのままでいい気もするけどなあ。かっこいい彼女にあえてかわいい♡って言い続けて怒らせたいって、前からうすうす思っていたけど涼ってなんだか倒錯している。。そ、そういうとこが好きだけど、、、、。(小声)
いがりさんが観光客に突然写真撮られるのちょうクール! いがりさんスタイリッシュだものね。それに心は透き通っていたい、フラットでピュアな目線でいたいってやっぱりとても達観している。。はあすてき。くすんだパープルベージュも絶対にあうと思うからみてみたい!

  • wu

表紙も裏表紙もハイハイなんてほんとにうれしい!*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・* はじめての試みっていうだけで心が躍るし、デビュー組でもこんなこと今後なかなかないだろうから、貴重な経験だよね。Jr.担は必死だから売り上げなんて心配しなくていいんだよー、、、苦笑
ギャルソン涼さまかっこいいしかわいいしでも結局かっこいい!♡ 5人での自撮りも目をつむって笑っていてかわいい。それに歯ならびちょーきれい! これで天然なんだからすごいよねー、、。初登場もちっちゃいころの写真も、みずきはまったく顔変わってなくてすごい笑 いまだって涼は顔整ってるしきれいだよ!!! いがりさんの好きな食べ物が小6のときからフォアグラで変わってないのやばいし、幼少期の写真が中国の皇帝の子供みたいなふてぶてしさあってやばお。。。しかも1歳まで心臓に穴あいてたって、え!!!!! よく生きてるなっていうか、やはり大物は生まれたときから大物なのだな、、、。
もちろん5人ともそれぞれに思うところがあって正しいとかまちがってるとか優劣はないけど、やっぱりあたしにとってはオリメンの3人の言葉はより強く響いて感じられるし、そのなかでもずっと一線でやってきてる涼と瑞稀の言葉は別格に特別。このふたりだけがびーのことを話していて、その内容が当時あたしが感じていた不安や、ステージ上のパフォーマンスや発言から言外にふたりはこう思ってるのかなと勝手に感じ取っていたことと一致していて、その想像はまちがっていなかったんだとあらためて、安心した?と言うとおかしいけどまぁそんな感じ。だってはいびーどりーむの最後、口を真一文字に結んでいたみずきの姿がいまだにあたしは忘れられない。。それでいて表情は満面の笑みだったからよけいにそれが壮絶に感じられて。
涼も言っているけど、2017年の夏はほんとにつらくてしょうじきあたしはハイのことを直視できてなかったし、現場もあんまり行く気になれなくて気持ちが逃げてたと思う。いま振り返れば、びーの子たちも入って1年も経ってない子もいるなかいろんな場面に放り出されて、うまく振る舞えない部分もたくさんあったんだろうけど、当時はまわりのおたくがこぞってびーに降りたり、降りるまではいかなくともものすごい勢いでもてはやしてて現場は無法地帯でハイハイいらない興味ないってふつうに言われたりとかして、、、悔しくてあたしもここに書けないようなこといっぱい心のなかでは言ってた。(だからあのころあんな扱いしてたくせにいまさらみんなこっちにも沸くの?というのもあってはいびーくくりはあんまり好きではない……だいぶ気にならなくはなったけど。)
でもまぁなんかいろいろあっていまは多少穏やかな気持ちで過ごせるようになっていて、それはほんとうによかったなって思う。あのころはこんな日々がいつまで続くんだろうと思ってた。名目だけ一人前だけどじっさいにはこんなよくわからない中途半端な扱いなんてって。でも涼も瑞稀もきっと考えてることはこっちとそんなに遠くないと思えたから、それなのにそれを表に出さずがんばってると思えたから耐えられた。だから今回それがあながちまちがってなかったとわかって、とても救われた。あのころそんなことを言うひとはいなかったから。こういうことをどうどうと書けるようになっただけでも、だいぶ状況がよくなったなと思う。いま考えるとそういうときこそもっと現場入って手紙とか出してこっちもおんなじ気持ちだよだいじょうぶだよって伝えるべきだったんだろうけど、、。
気づいたらなんだか人気グループになっているみたいでびっくりだけど、っていうかいまだにほんとに? ほんとにそんなファンいるの??? と疑ってるんだけど笑、あたしもいつまでも初心を忘れずにいたいな。