アイワナビーユアドッグ

そう いまだけを生きろ 音楽だけが時間を超えるよ

↓web拍手 なにかありましたらお気軽にどうぞ☆



*

HiHi Jets Concert 2021 〜五騎当千〜

ついにここまできた代々木!!! しかもオリンピック終わってはじめての公演がこれらしい、、、逆にいいのか??? そもそも土日にアリーナクラスできるなんて事務所に力入れてもらってるんだね、、よかった、、、ってなるよね。しょうじきそこまで実感湧いてなかったんだけど歩道橋から代々木の外観がみえた瞬間に一気にうわわわわわ!!!、って押し寄せてきた。
入ったら入ったであ! Swing!とかSPOT LIGHTでみたとこだ! とか思ってるのんきな自分・笑 けど席に着いてステージの全貌を眺めたらちゃんとした外周とバンクがあってそれだけで高まってきた。始まってからも5人が外周にいるあいだにこどもたちがわらわらと花道を行進していてうおおおおおおってなった!!! 大きい会場ではあるけれども、そやさくがだれもおいていかないからなって言っていたけど、その言葉のとおり細かく外周をまわったり何回も上のほうもみえてるからな!って言ったりしていてなんだか代々木が小さく感じたし、いつのまにこんなに大人に、、、とじーんとなった。それになによりもローラーで滑る涼さまの姿はだれよりも美しくて、5人がぐるぐるぐるぐる外周を走り抜ける光景は夢のようだった、、、。
最近は若手でもバックつけないグループが多いけども、そのなかでちゃんとわらわらつけたのはちょっとおどろいたし偉いなと思った。。もちろんバックつけない良さもあるんだけど、ジャニィズのバックってたんなるバックダンサーじゃなくてそれ以外にもいろいろお手伝いしたりアクシデントへの対応とかファンへの姿勢とか先輩の背中をみて勉強したりする貴重な機会だし、逆にメインでやる側にとってもバックの子にもある程度みせばをつくってあげなきゃいけなかったりとか、そもそもふざけた姿をみせられないし考えることが多くなるからいい経験になると思うんだよね。だからメンバーの大半が20代のうちはバックつけたほうがいいんじゃないかなーと思うのだけども。。もちろんコンサートのコンセプトにもよるけどね。
ハイハイはわらわらの使い方も上手いし、フレジュコーナーに3曲も割いててでもいがりさんが振り付けしたという情報も入れて興味を喚起してたり、ジャニーの教えを受け継ぐ最後の生き残り世代なんだなと感心した、、ほんとにハイハイは偉い。今後ひなりとかみむとかがユニット組んでハイがデビューしたときにまた共演するかもって考えたら、こうやって歴史は繰り返されていくんだなとむねあつだよね、、、。ていうかひなりだけ赤いハットとかかぶってて別格でびびった、納得のかわいさだったけど! あとMCに入るときに上着をバックの子に持っていってもらうんだけど、涼はあの少年たちのギラギラした黒いロングコートをただ渡すんじゃなくてわざわざ着せてあげてて!!!!! なんでそんな優しいの????? って一瞬でめろめろになった。。。。水を持ってきてくれたリッキーをさしおいて話盛り上がっちゃったときには作間がとりあえず大東くん帰してあげよ?って言っててはぁ〜〜〜〜ってなったよね。。。というかリッキーのシンデレラガール!!!!!!!! やばいて!!!!!!!!!! あれはちょっと神すぎた。。。。DVDさらにたのしみたのしみ。
そういえばMCのときにみずきがマイクとお水をまちがえちゃったのだけど、これサマステで涼がみんなにばかにされてたやつ!!!!と沸いてしまった、、でもみんな大人になったのかそれともみずきだからなのか、とくになんの反応もなく流されていった……笑 MCではそやゆとの眉毛の主張が激しすぎてアメリカの変な紫色の糊で消したって話で、涼が「のりってどっちの? しょ……」と言いかけて全員からいま食用って言おうとしたよね?ってめちゃくちゃばかにされるという神展開があって笑ってしまった。。。紫色の海苔(しかもアメリカ産)あったらやばいよな。
もう感想がわけわかんなくなってるけども笑、衣装もついにぜんぶオリジナルでしかもどれもめちゃくちゃ豪華で、涼は腰布もひらひらいっぱいつきがちだしゴージャスでそれが涼の余裕さをより引き立ててた。。いくつかハットの衣装もあってすっかりハットキャラ?って思ったけどほんとによくにあう、、、ハットかぶってると完全に王様みたいなのだ♡♡♡ 今回がっつりファンサ曲みたいなのはほぼなくて、パフォーマンス重視な感じで満足度高かったのだけどそのなかでもできるかぎりバーンしたり一度通り過ぎかけてから振り向いて指さししたり、最大限にやっててかっこよかった〜あとウィークエンダーの振りのなかに指ちょんちょんを取り入れててちょwwwってなったよおもしろすぎるほんとに。。。あと気に入ってるのかひとりだけ執拗にハフハフって連呼してたんだけどそれが犬の名前を呼ぶみたいなノリで笑ってしまった。でも外周も偏りなく両側行くようになってたと思うしそのなかでもラッキーなことに視線の先に涼さまがいた瞬間もあってよかった♪ やっぱ一席空けらくだな。。。
大声対決ならぬ拍手対決もはしそやチームだったし! なんか少年たちのときも拍手強要された気がする。。。笑 渾身の力を込めて涼さま万歳させていただきました。でもその拍手対決のとき、ゆぴが拍手すればするほど速く走るって囃されてて、叩けば叩くほど速くなるって馬だろ!っていがりさんにすばやくつっこまれたのが神だった。あとローラーに自分たちで履き替えるんだけどそのときに涼だけ靴下? 靴?を雑に脱ぎ捨てていてぷ、、となった。みずきの履き替え爆速でさすがプロだった!!! Fight Backで逆上がり大会始まったのがちょっとおもしろかった、この前のはだしょはこの伏線だったのか??(そんなわけない)
ソロ曲もみんなそれぞれ個性出てて良いな〜と思いつつ作間のドンワナダイうらやましすぎた。。。Vも作間がやってるし、涼にやってほしい曲だいたい作間がやっちゃうの何?笑 みずきは歌上手くてかわいいし、いがりさんはまあ安定のいがりさんだったし、ゆぴも終電を超えてってキャラにも季節にも合ってて楽しくてすてきだった♪ いや、それよりも涼のソロ、、、、、何????????? FaKeと聞いて今回がっつり踊るのかな!?とたのしみにしていたはずなのに始まったら完全になんか、、、、、おもろになっていた、、、、笑いをこらえるのに必死でした。でも本人いたってまじめにこういうのが求められてると思ってやってるんだよね;▽;;▽;;▽; まあやりたくてやってるんだったらべつにいいんだけどさ、、、、、。
代々木ということでV6についても言及していた! というかもしかしてそれを言わせたいがために横アリとかではなく代々木になったのかな、、とか思うのは考えすぎかな。ていうかだったらエイベックスからデビューさせておくれ、、よ、、、、。今週のネクジェネで長野くんとよしひこさまがなにわ男子のカップリングの曲をかけて歌上手ね〜デビューしていきなりこんな大人っぽい曲できるのがすごいよね〜って絶賛していたのがうらやましかったので、まずはV6のみなさまに認知されるくらいの存在になれたらいいよね、、! ZIP!でV6コーナーの様子が放送されていたけど、WAになっておどろうでこどもたちをみつめる涼さまの表情があまりにも慈愛にみちていてパパ的存在すぎた♡
ちょうひさしぶりにBe COOLをやってるのをみたけど、ここでこの曲を持ってくるセンスがほんとに信頼しかない!! この曲をよくやっていたころは16歳だったわけで、21歳のいまでは当然ながらそのときとは全然身体つきが違っていて、少年から青年に成長するところを知らず知らずのうちにみとどけていたのだといまさら思い至ったし、踊っている後ろ姿だけでもいい男になったな……と感慨深かった。それにちょっと大きめのJr.をふたりずつ脇につけて踊るのだけど、そんなことができるほど大人になったのだなとそこでも知らされたし、高校生を従えてもまったく違和感のない余裕と貫禄があって、はぁ〜かっこいい、、、、、とうっとりとしてしまった。。それにほんの1年前、トイズのときは脇で踊る側だったのに! 踊りつつ途中で場所を移動していくのだけど花道の角で立ち止まってそこにいるおたくにみせつけるように踊っている姿にはさすがにそこ代わって!!!!!とおもいました、、、はぁ〜かっこいい、、、、、、、。。、。それなのにその後情熱ジャンボリーなのどうかしてるというかずっこけましたけど。
新曲も重低音強めのガラ悪い感じでかっこよくてこういうの待ってた〜〜〜!となったし、Completeも涼にとっては新曲なので(笑)はじめて涼が歌うところをみたけど歌っているときの表情がものすごく感きわまっているというか曲に入り込んでいて、、、、あああああとなってしまった。最後の挨拶も涼が最初で、しかも話し方がそれまでとはまるで別人みたいで! ジャニカルで「いつか大スターになってやる!」と言っていたときみたいな堂々とした話し方だったし、言っていることもここが終了日じゃなくてここからがスタートの日です、もっともっと大きい会場でやりたいしいろんなところに会いに行きたい、って土曜日の伝記に書いていた内容と共通していたので、ちゃんと考えて練習してきたんだなぁと誇らしくなったし、まさか涼が5人を代表して喋っちゃうのか!?と一瞬期待してしまった……笑
でもほんとうにほんとうにそれくらい頼もしくてかっこよくてほんとうにちょっとまずいと思うくらいこっちもうるうるしてきてしまって、いろんなジャニィズの方がいますがここで誓います、自分はジャニィズいち……って言うからああひさしぶりにナンバーワンになりたい野心むきだしの涼さまが帰ってきた!!!と本気で涙腺決壊しそうになったのに、ジャニィズいちセクシーでジャニィズいちえろい男になります!!!って言い出すからくそばかすぎて涙がぜんぶ引っ込んだよね、、、、、、、笑 いやなんにしろ一番になりたいって宣言してくれるのはまあうれしいんだけども、、、セクシーとは自ら称するものではなく、まわりが判断することによってかたちづくられるものだと思っているというか、自分からおれってセクシーだろ?とみせつけてくるようなものにセクシーを感じないなとおもうのですけど、、、ああまたセクシーとはなにかの迷宮に入ってしまいそう。ていうかもしかして今後のソロ曲ずっとああいうおもしろになってしまうってことですか???苦笑
ゆぴもすごかったな〜もともと生の場ではぶっこんでくるひとではあるけれど、2019年がいちばん苦しかったって言い出したときにはちょっと、え? きょうってDVD撮ってるんだよね?とこっちがびびってしまったよね、、、。でも5人で活動できなくなったときにこれはきついと思ったとか、ジャニーさんが亡くなってこれからはだれが自分たちのことをみてくれるんだろうと思ってたけどまわりの方々がみんなハイハイ5人で活動できるようにがんばろうよ!と言ってくれたとかって話してくれて、しょうじき少し救われたというか成仏できた気持ちになった。。
ゆぴは最年長だしいちばん矢面に立たなくちゃいけない立場だということはもちろんわかってるんだけど、それでもあのころなんでそんな上から目線というか、自分はぜったいそうならないみたいな言い方できるんだと思ってすっごく嫌だった、おたくもみんな、それこそ涼や作間の担当のひとたちまでもが優斗くんがハイハイを守ってくれてるんだから感謝して反省しろと言うのが、頭ではわかってても心がそれを受け容れられなかった。涼の味方をしてくれるひとなんてどこにもいないんだと絶望したし、そもそもそうやっておまえらが涼のことを叩くからこういうことが起こったんだろ!とも思ってた、、どこにいってもずっと責められ続けるばかりでそれを甘んじて受けなきゃいけない涼をみているのがつらかった。だから、、少しだけわだかまりが解けたような気分になった。まあいまさらこんな話してるのもはやあたしだけかもしれんが、、、。
あとみずきが自分は普通だけど普通も個性になるんですとか言っていて、いやみずきのこと普通と思ったことがあんまりないんだけどな、、、と思ったし、いがりさん選挙演説か?ってくらい話長かったな、、、笑 演説上手いから社長とか向いてそうだよね。。いやしかしほんとうにたのしかったなああああああ行けてよかった。。。最後去っていくときいがりさんが手を振って!!と言ってたのもサマステとかで終わるときよく言っていたよなとか思い出してじーんとした。脇にはけていくんじゃなくてまんなかにいてリフターが沈むだったり扉が閉まるだったりで去っていくのもよかったな、、。これからも、涼さまの20代、30代、できれば40代、、、??? いつまでかわからないけど、みとどけていきたいな。そしてあたしがいまジャニィズでいちばんセクシーだと思うのはやはりよしひこさまなので涼はそれを超えられるようにがんばってね、、、。(けっきょくそれかい)